豚肉の健康効果って?健康に良いとされる豚肉料理。あなたは正しく知ってますか?


< Sponsor Link>

 

お肉の一番良いところは何なのか知っていますか?

メタボの原因とか、太るとか、カロリーを心配する人では、本当の肉の調理法に関して、あまり多くの知識を持ってないことが多いです。

ひょっとして、焼き肉とか一般的なメニューしか思い浮かばないのではないでしょうか?

豚肉は、非常にヘルシーな食材ですが、健康効果を得るには、調理のヒントが必要です。

Fresh raw pork on white background

 

豚肉がヘルシーな訳

 

一番の理由はビタミンB1が多い食材ということでしょう。これは、体で合成できないために食材から摂取しますが、水溶性という性質があるため、非常に体が吸収しやすい特徴があります。戦後の日本では、このビタミンB1欠乏が多く、そのため「脚気」が国民病の一つでもありました。

 

このビタミンB1は、米ならぬかの部分、食材では豚肉、レバー、豆類に多く含まれ、多くの人にとって好まれる食材としては、この中の豚肉が料理しやすい食材と言えます。ビタミンB1は、摂取した糖質をうまくエネルギーに変える役割を体の中で果たすので、仕事が多忙な人やスポーツが趣味の人では、同じ肉類でも豚肉の方がエネルギー補給には効率が良いといえるでしょう。

 

また豚肉には、ビタミンA、ビタミンB12など、美容と貧血防止の役割のある栄養素を豊富に含んでいます。また、鉄分も豚レバーは牛レバーの3倍もあるので、やはりヘルシーな食材ですね。

 

豚肉の調理のコツ

 

水溶性のビタミンB1を多く含む食材である豚肉ですが、苦手な人はあの食感が理由としてあるんではないでしょうか?特に冷凍して保存した豚肉は、解凍の仕方でまったく栄養の少ない食材になってしまいます。

 

まず冷凍保存した豚肉は、自然解凍しては絶対にいけません。軽く水洗いしながら、手で硬いうちからほぐしていき、必ず短時間で解凍します。電子レンジの解凍機能を利用してもよいです。自然解凍では、凝固した水分のほとんどが流れ出てしまいます。

 

調理は、完全に解凍していなくても大丈夫です。むしろその方が肉は柔らかくなります。

 

下味はつけない

 

肉に初めから下味やタレをつける人がいます。これは、肉が硬くなるだけであまり意味がありません。元来、肉には血液が通っていたわけですから、同じ浸透圧でなければ、何も吸収することはありません。周囲に塩気が強いと、せっかくの肉の水分がすべて出て行ってしまいます。

 

まず調理に入る前にやることは、豚肉に水分を戻すことです。それには、ボールに普通の水を入れてその中で豚肉を揉みます。しばらくすると肉に水分が吸収され、ボールには水の量が減ることがわかると思います。

 

特に焼いたり、炒める場合で豚肉を使うときは、必ずこうして水分を追加して調理すると、肉が硬く引き締まってしまうことが避けられます。中華料理でも、味付けは最後の最後までしません。

 

実はスープがとてもよく合います

 

Stainless steel pot with cover. Isolated on white background

Stainless steel pot with cover. Isolated on white background

 

豚肉は煮ると硬くなると誤解されているためか、スープの具材で選ぶ人は少ないのではないでしょうか?しかし、前述したように、ビタミンB1は水溶性です。豚肉の栄養素をすべて摂取するなら、最初から液体の方が効率的です。このとき、肉の臭みをとる必要がありますが、これは調味料などを使うのではなく、もっと簡単な方法が湯通しです。沸騰したお湯をざるにあけた生の豚肉にかけるだけです。短時間の熱湯に素材を通すことを、和食の世界では「霜降り」と呼びます。湯引きとも呼ばれ、魚や肉類などでは血の匂いなどを消すために使われる、非常に手軽な手法です。霜降りは肉の表面が白くなる程度で大丈夫です。

 

霜降りは、煮るのと違って、あくまでも表面を熱で凝固させて旨みを閉じ込めるために使います。と同時に、これで灰汁も防げる効果があるんですね。野菜を使った下茹でと同じです。霜降りをした豚肉を使って、スープを作ると濁りませんし、何より豚肉本来の味が楽しめます。豚肉料理も、これで冷しゃぶや、焼き肉、炒め物以外にレシピが一つ増えることになりますね。

 

調理法を正しく知れば、それだけで豚肉を食べる機会が日常では増えるはずです。新しい豚肉料理メニューをあなたも考えて、楽しい食生活をはじめましょう。

 

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲