浴衣の着方-女性は共衿でどちらが前か知ってましたか?


< Sponsor Link>

 

夏から秋にかけては、夕方にイベントも多くなります。

そんな日には、「お出かけは浴衣で」という方も多いでしょう。

しかしせっかくの浴衣も、着付けが悪ければマナー知らずとなる場合があります。

浴衣の各部名称、着方である着付けの基本、意外と知らない、衿のどちらが前かなどの知識をご紹介します。

正しい着付けは、接待やお出かけのマナーでもあるんです。

浴衣 イメージ

 

浴衣の由来を知ろう

 

一口に浴衣と言っても、その役割をあまり多くの人は知らないかもしれません。

浴衣とは、和服の一種で基本は木綿で作られ、単衣(ひとえ)で素肌に直接着るお着物です。

原型は、平安時代の湯帷子(ゆかたびら)で、本来の役割は入浴後に羽織るものです。

平安時代は、複数の人と入浴するような機会が多く、麻で作られ、肌を隠す意味と汗を拭き取る用途で利用されていたようです。

古代の入浴は、今のような身体を清潔に保つだけではなく、沐浴(もくよく)といって身を清める役割もありました。

そこから、入浴後に汗を吸い取らせる役割だけが残り、江戸時代に現代のような街着の一つとして定着したようです。

それでも、浴衣が許されるのはご近所までで、現代のような電車に乗って出かけるような、お出かけに着るようなものではありませんでした。

それはあくまでも、寝巻やパジャマのようなものです。

今でも、成人式や結婚式に浴衣で出席するのは、流石にマナー違反ということはわかるでしょう。

浴衣には相応しいシチュエーションがあるというわけです。

しかし、現代では素材の豊富さ、柄の艶やかさでむしろパジャマの役割は無くなりつつあります。

夏や秋口などでは花火大会、イベントや盆踊りなどで活躍する立派な街着になってますね。

浴衣 アイキャッチ

 

浴衣の各部名称を知ろう

 

浴衣の利点は、着付けが一人では難しい通常の着物と違って単衣であるため、費用がかからず気軽に着られることです。

柄も多く、バリエーションも豊富なのでファッション性も高いのと、自分で注文して専門店で作ってもらわなくても、簡単に入手できます。

ですから、浴衣の各部名称も知らなくても、特に不便はありませんが、こだわりをもって浴衣を作りたい!という方は、是非とも各部の呼び名は知っておきたいものです。

 

 

・衣紋(えもん)

浴衣の首周りの衿の部分です。

 

・背縫い

読んで字の如く、背中の真ん中にある縫い目のことで、「後ろ身頃:うしろみごろ」なととも呼ばれます。結構、複雑な縫い方をしてあるのが特徴です。

 

・裄(ゆき)

衣紋から、袖口までを一直線に結んだ長さを表すもので、着物の生地、反物の幅で決まる部分でもまります。採寸では「裄丈:ゆきたけ」と呼ばれる場所です。

 

・身八つ口(みやつくち)

浴衣を着ると、脇の下あたりにくる切れ目のことで、女性の着物独特のものです。男性にはこの切れ目がありません。袖が付いている箇所から袖下まで開いた部分は、「振り」と呼ばれます。

 

・共衿(ともえり)

「あわせ衿」とも呼ばれ、衣紋から下に一直線に伸びる、着物の衿にあたる左右の短冊状の布の部分です。後述しますが、これが「どっちが前に重ねるんだっけ?」とは、よくある話ですよね。先端を「衿先」と呼びます。

 

・下前/上前(したまえ/うわまえ)

浴衣を着た時に、右前に来る部分を下前と呼び、左前に来るものを上前と呼びます。それぞれ、右前身頃とか、左前見頃ともいわれます。

 

・おくみ線

左右の身頃に縦に入る縫い目のことで、これを真っ直ぐ美しく見せるのが、着付けの基本です。これは浴衣でも同じで、特に女性ではここに留意しなければならない箇所ですね。

 

・袖

両腕を通す部分です。

 

着方、どちらが前なの?

 

これの簡単な覚え方があります。

女性は、右手を浴衣の前の懐に入れられる様にすると、それが正解になります。

従って、上記の名称でいえば「上前」が文字通り、前に来ます。

浴衣の各部名称を覚えると、着付けはすぐ理解できるのがわかるでしょう。

男性は反対です。

残暑見舞い イメージ

 

着方ではなく、着付けのやり方

 

 

洋服は「着る」とか「着方」ですが、浴衣も含めた着物の呼び名では、着付けといいます。

男性は、非常に簡素で簡単で良いのですが、女性はなかなかキチンと着付けをする必要があります。

まず必ず姿見を用意すると良いです。

姿見とは全身が映せる縦長の鏡です。

着付けの基本である浴衣の高さの決め方を簡単に説明します。

 

1.下前の方から腕を袖に通し、次に左腕を左袖に通して上前を右手で衿を持ち、左右の衿を合わせます。立ち方は肩幅よりすこし足を閉じるくらいで、ピッタリつけると逆に着付けはしづらいです。

 

2.左手で上前の衿先から20センチほど上の衿を持って、背縫いが背中の中心に来るよう合わせます。この時、左手で背縫いの腰辺りを摘んで持ち上げ、浴衣の裾をくるぶし位の高さに調整します。衿を引っ張ったままで後手を離すと、浴衣全体の長さがここで決まります。

 

3.左右の手で衿の両端をもって、下前をそのまま左脇へ持って行き、背縫いの中心がずれないように下前の端を10センチほど持ち上げて重ねます。背中まで回りこませるのではなく、その手前で折り返すことで調整してください。

 

4.左手の上前を前に持ってきて、衿端を5センチほど持ち上げ、ぴったり合わせて腰骨で固定、ここで腰紐を持って、紐の真ん中を持って両手で上前を抑えながら、左手で腰紐を左へずらしながら、左右均等の長さになるよう調節します。

 

5.腰紐を背中に回したら、交差させて前に持ってきてきつく結びます。これは「からげる」といって、捻るように結ぶのがコツです。余った紐は左右に引っ張りながら、腰紐に挟んでおきます。

 

6.帯の下に隠れる浴衣の生地を「おはしょり」と呼びますが、腰紐を結んだら前後のこのおしゃしょりを持ち上げておき、身八つ口から手を入れ、腰と並行になるように後ろのおはしょりを整えます。前の共衿の端と背縫いを持って衣紋の開きを指3本分くらいで決めます。ここで、懐に手を入れ、前を合わせます。衿の合わせ目は、喉辺りに来るように調整します。

 

ここから先は、男女で着付けが異なりますので、一応割愛しますが、詳しくはネットで調べると、画像付きで解説されているので、そこで詳細に調べると良いでしょう。

ここまでで、着付けの半分は自分で出来ると思います。

 

着崩れた浴衣は、見ていて思わず叫びたくなるほどだらしないです。

これもやはり、見た目の上ではマナー違反ですね。気をつけましょう。

 

何度か着付けをしていれば、自然と慣れるものです。

今年は浴衣で日々を過ごすのもよろしいのではないでしょうか?

 

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲