麦茶の意外な食物繊維とは?サッパリ美味しい麦茶の季節到来!


< Sponsor Link>

 

なんだか最近、ユーロが大変なんだそうですが、ギリシャも麦茶に似たものを、古代では愛飲していたそうですよ。

科学の父、ヒポクラテスは大麦を炒って煎じたものを、ある種利尿薬として処方する治療法を残したそうです。

ちょっとビックリですね。

1986年には、毎年6月1日を「麦茶の日」として決めてあるそうですね。

何にでも記念日があるのは面白いです。

効能もなかなか優秀で、しかもタンニンやカフェインを含まない、抗酸化成分飲料の麦茶ですが、それ以外に役立つ情報をご紹介します。

麦茶 アイキャッチ

 

◆スッキリ麦茶は、メイドインジャパン

 

国産大麦の出荷量は、2012年で約10万トンほどですが、国家貿易以外の大麦の輸入は抑制されているんだそうです。

従って、日本に流通する大麦はメイドインジャパンがかなり多いというわけですね。

大麦は麦茶の原料なので、結果的に日本の麦茶は国産が殆どということになります。

そして季節になれば、コンビニエンス、スーパーで、メーカーからたくさんの商品が並びますし、一年中手に入ります。

自宅で手軽につくれるティーバッグタイプで、冷温どちらでも手軽に楽しめる健康飲料として親しまれています。

 

 

◆食物繊維をよく知ろう!

 

食物繊維と聞くと、なんだか糸のような繊維を思い浮かべませんか?

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれ、トウモロコシ、ごぼう、大麦、もやしに多く含まれています。

繊維は多孔質で電子顕微鏡でしかわからないほど、とても小さいのです。

繊維状もあれば、ヘチマみたいな形をしたものがあります。

水溶性もあり、ネバネバしたものやサラサラした状態になりやすく、もちろん麦茶にも含まれています。

食物繊維は昔は食べ物じゃなく、体に必要のない食べ物の残りカスと考えられていました。

しかし、麦茶に含まれる食物繊維は、胃腸の中でゆっくりと移動し、お腹がすきにくい特徴を持つと言われます。

これは、こんにゃくと同じ効果で食べ過ぎを防ぎ、糖質の吸収を抑えるといわれます。

特に食後の血糖値を抑えるため、食事と一緒に麦茶というのは、ダイエットにはうってつけなんです。

食物繊維が、別名ダイエタリーファイバーと呼ばれるゆえんです。

ただ、注意して頂きたいのは、冷たい麦茶をがぶ飲みすることです。

これは、胃壁を傷つけてしまい、体も極端に冷えますからせっかくの健康飲料でお腹を壊すことになります。

少しぬるくたって効果は同じですから、そこは注意が必要ですね。

 

◆麦茶の歴史を見ると意外なことがわかる

 

いろんな業界には、協同組合がありますが、麦茶にも「全国麦茶工業協同組合」なるものが存在します。

全国各地に生産工場があり、組合員を見ると、大小様々なところで麦茶は作られているんですね。

そのホームページによれば、麦茶が人に初めて飲まれたのは、平安時代で、元々は貴族の飲み物だったそうです。

平安時代は、大麦を炒って粉にして、お湯に溶かし込んで飲んでいたようですね。

庶民に飲まれるようになったのは室町時代からです。

お酒に粉を混ぜて飲んだりしたそうですよ。

元禄時代は、現在の炒った大麦を使うようになります。

江戸時代には庶民に氷の普及はありませんので、温かいお茶として飲まれていたようですね。

現在の喫茶店のような、「麦湯店」が登場し、明治には、麦茶である「麦湯」に代わって、コーヒーが出現し、廃れた歴史があります。

麦茶の原料である大麦は、中東やメソポタミア文明発祥の地で1万3000年前に栽培が始まっています。

実に歴史のある植物のエキスを楽しんでいるんですね。

 

◆自分で焙煎?

 

ティーバックの麦茶は手軽で便利です。

でも、毎回それじゃあ面白くありません。

やっぱり香ばしい麦茶は、自分で作ることです。

今では、ちゃんとしたお茶の販売店に出かければ、麦茶用の炒ってある大麦が市販されています。

焙煎の必要もありませんし、煮だして作る麦茶は市販のものより、味も香りも大変素晴らしいものです。

では大麦から焙煎したい!といった場合はどうでしょう?

麦茶 大麦

 

なんと自家焙煎で麦茶を作っちゃう強者がこの世にはいるようです。

探すと、確かに大麦の販売をしているところがあります。

1kg500円~860円ほどで売られています。

ちゃんと麦茶用の六条大麦も通販で購入できますよ。

チャレンジしてみたい方は、自己責任でどうぞ。

もちろんお薬じゃないので、心配はいりません。

これをフライパンでゆっくりから炒りし、市販の麦茶用の焙煎大麦の色になるまで炒るといった感じです。

焙煎茶は乾燥とよく熱を冷ますことと、保管に湿気を防ぐことです。

もちろん、そこまでしなくても手軽に買ったほうが、誰でも簡単に食物繊維が摂れますけれどね。

 

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲