ルテインと飛蚊症について-目の中にゴミ?-中高年なら抑えておこう正しい知識


< Sponsor Link>

 

加齢に伴って肌の衰え、体力の低下以外にも目に関係する事や病気などには非常に関心が高いのではないでしょうか?

「最近、目の中にゴミみたいのが見える」、「虫みたいのが、ずっと見えている」とか、記憶にある方もいると思います。

ひょっとしたらそれは飛蚊症かもしれません。

効果があると巷でいわれるルテインについても、実際のところはどうなのでしょうか?

飛蚊症 マリーゴールド



ブルーライト対策に、アントシアニンとルテイン【ビルベリースカット】

 

飛蚊症とは?

 

日中、本を読んでいるときとか、何気なく外を眺めているときなど、目の前に透明な繊維状の影が見えていたり、瞬きするたび、追いかけるような動きがみられることがあります。実はこれは、目の中に入ったゴミではありません。眼球は、あまりに近い目に入ったごみなどは、像を網膜に映すことはできませんので、これは眼球内の中で起こった現象で、「飛蚊症」と呼びます。

 

眼球の動きに合わせて、上下左右に動き回るので、まるで自分を追跡しているように見えますが、、正体は眼球の本体である透明な目の玉、硝子体の内部に何らかしらの影が投影されて見えているのです。

 

飛蚊症は病気なの?

 

この診断には、素人ではその原因を掴むのは難しいです。ただ、その症状を注意深く経過観察することで、ある程度判別することができます。

 

病気でない人の場合、これは生理的な要因である場合が多く、硝子体の中にある繊維や、細胞などの影が見えているといったもので、近視の人や眼精疲労で目を酷使する方などには、よく見られる現象のようです。まず、ゴミのような透明な繊維が1つや2つくらいあるようなら、経過を観察して、大半があまり問題はありません。

 

もう一つは、高齢となって眼球そのものが老化現象で硝子体がしぼみ、後部硝子体剥離が起きた場合も、一時的に硝子体の後ろの影が網膜に投影されて、そのように見えることがあります。しかしこれも時間がたつと硝子体の後ろの膜が前方に移動しますから、ほとんどのケースは時間がたつと、気が付かないうちに飛蚊症は治ってしまいます。

 

眼科に相談する場合は、広範囲になったとき

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

通常の半透明な繊維状のものとは違って、目の中にカビが生えたような感じに、もやがかかったような状態や、丸い物体などが見える症状がある人がいます。これは、網膜が眼球から離れてしまった症状によく見られます。

 

他には、物がゆがんで見えたり、欠けて見えてしまう症状が出る場合があります、この場合は民間療法ではどうにもならないので、眼科受診が必要になります。

 

慢性的な飛蚊症を防ぐには?

 

やはり、疲労を長く蓄積させない、あるいは疲労回復しやすい健康体に管理することが日々、必要なことになるでしょう。特に加齢が進むと、身体の酸化作用によって老化は加速します。体の酸素が消費されず、蓄積したままの状態で、新陳代謝の低下や疲労感などが増す要因にもなります。

 

◆ルテインは飛蚊症に効果あるんですか?

 

網膜剥離や、何かけがをした後に発症したりする飛蚊症や、繰り返す症状を訴える場合にはあまり効果は期待できないですが、軽い一時的な症状ならルテインは期待してもよいかもしれません。

 

ルテインとは緑黄野菜や、卵黄、動物性脂肪などに含まれるカロテノイドの一種で、人間の体の中では酸化防止、つまりは抗酸化作用があることで知られます。つまり、疲労回復に効果があるといわれ、定期的に卵を食べる人などは、目の疲れや疲労に関しては一定の効果があったりするそうです。

 

また最近では、眼の様々な症状にも効果的と、数多くのサプリメントも市販されています。ルテインとは、薬効が科学的に証明されているわけではありませんが、抗酸化作用のカロテノイドの一種であることはハッキリしていますので、ダイエット中だとか、特定の疾患で食事制限している人など、中高年では医師の相談の下で試してみる価値はあると思います。

 

怪我などの後、病気の後は要注意

 

一度、慢性的な飛蚊症の経験があるとか、頭に関係ある怪我、あるいは高熱を伴う病気などの経験後に、飛蚊症が継続的、断続的に表れるようなら、それは症状が治まっても定期的に医師の診断を仰ぐのが賢明です。特に、網膜に穴ができる網膜裂孔のような病気にも、飛蚊症が多くみられます。この症状は、やがて網膜剥離から失明になる恐れもあるそうで、症状が見られたら3か月以内に眼科を受診すべきです。症状は一時的ではないからですね。

 

ごく普通に暮らして、深刻な飛蚊症になる可能性は低いので、「あれ、これって飛蚊症かな?」と思ったら、休息とルテインで経過を見てみるのも良いでしょう。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲