天然色素のアントシアニンは、疲れ目に効果的!しかもメタボに効く効能が!!


< Sponsor Link>

 

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、アントシアニンとは、ブルーベリー、やナスなど、紫色したお野菜や果物などに多く含まれる天然色素です。

こうした食材が紫色なのは、太陽の紫外線から、植物の細胞を守るために植物自身が作り出して蓄えたもので、紫芋などにも含まれるポリフェノールの一種なんですね。

効能は、眼精疲労の回復のほか、花粉症や、メタボリック症候群にもその予防に効果があるといわれています。

アントシアニン 紫キャベツ

 

なぜ眼精疲労に効能があるの?

 

もともと青紫のこの天然色素は、紫外線とウィルスが果実の内部に侵入を防ぐ役割として、人間でいえば、皮膚組織の中で作られるメラニンと同じような働きを持っています。人間の場合は、紫外線によって、日焼けで体内の細胞が破壊されることを防ぎますが、その効果を植物は色素をつくって防いでいるのです。

 

ではなぜ、それが疲れ目や眼精疲労に効果があるのでしょうか?それは、眼精疲労などがどのように進行するかで、よくわかります。

 

人間の目が「物が見える」という状態になるときは、ロドプシンという物質の働きによって、網膜で吸収した光を脳細胞に伝える電気信号に変換し、脳へと伝達して像を結ぶようになっています。このとき、網膜でロドプシンは分解されてしまうので、新たに光の刺激を受けるには、再度ロドプシンを合成する必要が出てきます。

 

この再合成の繰り返しは、やはり加齢が進んでいるとどうしても機能的に低下する速度が速いのですね。そのため、長時間のパソコンや、夜中の読書などは、どうしても目が疲れて視界が曇ってきたり、チカチカ刺激があるように見えたりすることがあります。これが進行し、眼底に痛みを覚えたり、それによって肩こりや疲労感が蓄積するのが眼精疲労です。

 

アントシアニンは、このロドプシンの再合成を助ける役割をします。目の機能を向上させる役割があるんですね。海外では、この効能は一部認められ、ブルーベリーなどは薬効があるものとして取り扱われることがありますが、一応日本では現在のところ、研究段階となっていますので、科学的根拠があるとまでは言われてはいません。しかし、効果はある程度あるというのが、最近の研究では裏付けされているようです。

 

アントシアニンは、安全な天然色素

 

植物由来だから、当たり前のような気もしますが、ギリシャ語で「花の青色成分」という意味であるアントシアニンは、自然界にすでに500種類以上が確認されています。土の酸性度、温度や土の中に含まれる金属イオン、酵素の働きによって、様々な着色を起こす植物は古くから天然の着色料として使われています。日本ではおなじみの梅干しに使う赤シソの葉も、やはりアントシアニンを利用した着色方法なんですね。

 

こういった経緯から、食品添加物としては大変古くから世界中で利用されてきたのが、アントシアニンです。しかもポリフェノールと呼ばれる、高い抗酸化作用があることから、肝機能や老化防止として、あるいは血糖値上昇の抑制など、眼精疲労だけではなく、幅広い健康効果が近年では徐々に明らかになってきています。

 

アントシアニンが最も多いのは?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アントシアニンの特徴は、できるだけ長い時間、太陽光にさらされていることが、大量のアントシアニンの蓄積を促進させます。そのため、北米産の野生種などでは最も多くのアントシアニンを含有することで知られているようです。その種類とは、ブルーベリーの種類の一つビルベリーです。欧州では医薬品として商品化されているそうです。ヨーロッパでは、松やシラカバの森に群生している自然の植物だそうですが、自分で栽培しても病害虫に強く、毎年収穫できる手軽な果物として定着しているそうですね。ただ、日本では、苗の販売はほとんど流通は少ないです。

 

したがって、日本で入手できるのは輸入か、あるいは普通のブルーベリーということになります。

 

入手方法は?

 

苗として売られているものは、フィンランド産の苗が多いですね。中には、ビルベリーと表記はありますが、実際にはブルーベリーに近い種類も多いようです。それに、実を収穫して育てるのは、日本ではかなり難しいようですし、苗も結構高いです。

 

こういったことを考えると、生食を望むよりは、手軽なブルーベリーを代用したり、サプリメントなどを選んだほうが手軽でしょう。また、6月~9月くらいまでなら、日本全国の栽培農家で、「ブルーベリー狩り」といったイベントもあります。

 

デスクワークで、非常に目を酷使する方などは、一度試してみてはいかがでしょうか?



< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲