夏バテを防ぐプロテインの効力とは?


< Sponsor Link>

 

夏バテ」とは、体力の低下ではなく、気温の急激な変化によって、身体の新陳代謝が上手く機能しなくなった時に起こるものです。

健康のためと称して、やせ我慢で猛暑を乗り切った時などは、実は秋に差し掛かる頃に具合が悪くなることも多いんです。

プロテインは、体力増強だけではなく、必要なミネラルを補う食欲が落ちた時などに、初めて効力を発揮できます。

効果的にプロテインを摂取して、猛暑の夏の後を今年も乗り切りましょう。

 

 

秋 すすき

 

夏バテの本当の要因

 

”暑気あたり”とも呼ばれ、その根本要因は、自律神経の乱れによるものが大きいと言われます。

しかもそれは、猛暑の中で起こるのではなく、季節が変わって夜と昼の寒暖の差が大きくなった時に体調を崩しやすくなるのが、特徴なんですね。

従って真夏の夏バテと言われる、むしろ冷たいものばかりを口にする、胃腸不調のことを指すのではありません。

人の体は、常に一定の体温を維持するために、高温と多湿が激しい中でも、エネルギーを消費し、想像以上に何もしなくても、体力を使っています。

しかも、負担の多い猛暑中では、大抵の人は熱中症に対して、何らかの対処をしているものです。

これに対し、現代では猛暑日の多さも相まって、かなり冷房の活躍が目立ちます。

この場合は、外気と家の中の気温差が激しいため、外で作業を数時間行った後で、急激な冷房の部屋で夜を過ごすのは、逆に新陳代謝を阻害するのです。

また、夏の多湿と高温でやせ我慢する方は、どうしても昼間の睡眠時間、お昼寝が長い傾向があります。

気をつけて欲しいのは、これが夜の睡眠不足を加速させます。

いわゆる、体内時計の狂いですね。

本来、睡眠時間と食欲とは密接な関係がありますから、昼間の食事はとても簡素で、しかも夜に眠れないということは、充分な体力を維持するのが難しいのです。

体力は徐々に失われますから、秋にはその限界点を迎えます。

倦怠感、思考力の低下、下痢や便秘など、様々な悪循環が重なり、ついには夏バテとなるわけです。

 

夏バテを防ぐ食べ物とは?

 

 

夏バテ 焼肉

ビタミン、蛋白質などが、人間にとっては筋力だけではなく、やる気や思考といった本来の人間活動に必須です。

しかし、さっぱりしたものばかり昼間に毎日とっている方は、夜間にそれを取り返そうと、無理に焼肉などのスタミナ食を口にしようとしますね。

これが全く逆効果です。

肉類などは、消化吸収が早いですから、むしろエネルギーを多く昼間に使う人ほど、タンパク源として必要です。

特にアミノ酸などは重要な栄養素だと言えます。

逆に、そうめんや蕎麦などは、糖質をつくった上で初めて消化されますから、腹持ちは良いのですが、体に与える負担はそれだけ重いといえるかもしれません。

 

プロテインの成分

 

 

それは、ずばりタンパク質です。

よく、筋肉ムキムキの人は、食事の他にプロテインを利用していますが、その理由は昼間のトレーニングに必要なエネルギーを効率良く得るためです。

健康食品の中でも、アミノ酸含有率が高く、飲み物の形ですから非常に消化吸収も良いのが利点となっています。

加えて、塩分や糖質、水分も多いので、非常に効率よく消化吸収されます。

原料に関しては、特定の動物から抽出した成分や、植物由来、つまり大豆蛋白などが多いです。

アスリートは、激しい筋力運動を必要とするため、痛めた筋肉は素早く修復する必要があります。

ボディービルダーの場合は、その効果を利用して、筋肉を肥大化させる美的な効果を狙いますが、この修復力は、逆に体力を奪われやすい夏バテにも有効になります。

 

プロテイン摂取に関して気をつけること

 

タンパク質そのものは、卵や肉や魚からも取れますが、問題はそれを摂取した上で、更にプロテインを加えて摂取することです。

使われないタンパク質は、体に脂質として残されます。

加えて夜に摂取してしまうと、就寝までに充分な消化が行われず、これが消化不良となって余計に睡眠不足を加速するので注意しましょう。

余分な体脂肪で、夏の終わりに体重が増えるのは、こうした悪循環が要因です。

プロテイン選びは、出来るだけ高品質のものを選ぶことです。

高品質とは、牛乳を主体とした効果の持続性が短い代わりに、吸収が非常に早く、体の組織に早く置き換えられる、良質なタンパク質を含むものです。

これはWPCとも呼ばれます。

しかし、牛乳主体の成分では、その成分であるラクトースによって、中にはお腹を壊す人もいますよね?

そこで価格は少々高価ではありますが、ホエイプロテインアソレートと呼ばれる、ラクトースを予め除去した、WPIと呼ばれた高純度タンパク質プロテインが市販されています。

 

プロテインを摂取する大きな利点は、無菌にある

 

高品質なプロテインは、その製造過程で細菌や菌類を除去してあるため、普通の野菜や食材のような食中毒の心配がありません。

しかも、その都度作って飲むというのが主流で、顆粒や粉のタイプがあるので、非常に手軽です。中にはミネラルを加えたものも登場しています。

気をつけて欲しいのは、プロテイン摂取も目標は、夏バテの体力消耗を補うものであり、決して万能では無いということです。

栄養学的には、プロテインと足りない栄養素をサプリメントで補うには、専門知識、栄養学などが必要となります。

あくまでも補助食品として利用することを念頭に置いておきましょう。

 

効果的に高タンパクを摂取しよう

 

夏バテ防止には、日頃からのミネラル摂取も重要ですし、プロティンは「高タンパクを効果的に食すもの」です。

従って、栄養の一部を手軽に補うものだと理解し、適切に扱って利用することで、健康的な食欲の秋を迎えましょう。

 

 

 

 

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲