酵素ドリンクって砂糖多めだけど、害はないの?大丈夫なの?


< Sponsor Link>

 

巷でブームの酵素ドリンクを知っているでしょうか?

なかなかの甘さがあり、成分の中に砂糖があるので、「アレ?」ッて思う人も多いかと思います。

砂糖といえば、メタボや糖尿などなかなか気になる成分だけに、ドリンクという形で日頃摂取しても、害はないんでしょうか?

しかし健康ドリンクに使用されているので、含まれているのもちょっと不思議ですよね?

不安を払拭するためにも正しい知識で酵素ドリンクを利用する事をオススメします。

酵素ドリンク アイキャッチ アフター

 

 

白砂糖ってそもそも体に悪い?

 

市販されている砂糖って、何故か真っ白ですよね。

人によっては、これは漂白されていると誤解をしているようですが、これは砂糖の製法について、ちゃんとした理解がないということが理由になっています。

日本の砂糖の製法は、白砂糖も含めて植物由来の天然の糖分を精製して作られています。

植物が糖を作る仕組みは、二酸化炭素と水、これに光合成を利用して、植物の中でつくられます。

この正体は、澱粉やショ糖と呼ばれる砂糖の主成分です。

市販されるグラニュー糖は、純粋なショ糖の結晶で、実はまるっきり純粋な植物成分を取り出して作られているんですよ。

白砂糖は、サトウキビを収穫し、潰して絞りとった植物ジュースを石灰乳を加えて加熱し、不純物を取り出します。

石灰乳は水酸化ナトリウムですが、これは水に含まれる不純物を取り出すのに、よく使われます。

不純物は人間の体にとっては、ある種余計なもので、不純物を沈殿させ、更に蜂蜜で洗浄し、更に不純物をどんどん取り出して、幾つもの精製工程を経るうちに、やがて純粋な砂糖の結晶が出来上がります。

白砂糖はいわばミネラルなどの成分を除去してあるので、単純に自然な成分の結晶体なのです。

体に悪いかどうかは、むしろ砂糖と合わせる加工の仕方によって、体に与える影響が変わるのです。

ですから白砂糖が健康を害するというのは誤解です。

 

酵素とは、発酵に必要な要素

 

甘くないお味噌や醤油は、麹や麦芽などに含まれる酵素を利用して、発酵させることで作られます。

これらは、間接的に酵素を食べているのと同じです。

この発酵には、糖分が意外にたくさん必要となります。

酵素ドリンクとは、植物に付着した酵母菌、乳酸菌を発酵させて培養し、それらの細菌が加わって、ビタミンやミネラル、更には酵素とアミノ酸を効率よく摂取しようという健康飲料です。

この発酵には、実は純粋な糖分が材料に対して1対1でなければ、うまく発酵出来ないとされています。

 

砂糖以外でも出来るのに、何故たくさん使うの?

 

市販の酵素ドリンクには、ビックリするほどの砂糖が使われています。

これには、ちゃんとした理由があるんです。

それは、発酵を効率よく進ませることにあります。

市販の酵素ドリンクは、約97%以上の割合なので、かなり量は多いです。

ところが、この甘さは本来の砂糖ではありません。

果物や植物の細胞膜に浸透し、成分を壊さずにエキスや酵素を取り出す場合、砂糖は最もその特性に優れており、また保存食として食べられる食品が正にそうですが、長期保存にも優れています。

これは、砂糖が純粋な植物の糖の結晶という理由からなんです。

つまり健康ドリンクの甘さは、人間が吸収しやすいブドウ糖に、発酵によって変わったということで、非常に安全で害が少ないといえます。

逆に不純物が多い、他の材料では、発酵の度合いが低いために、保存がきかないなどデメリットも多いそうです。

 

酵素ドリンクは、微生物が作り出す

 

発酵作用が起こるとき、純粋な結晶以外の糖分では、現在市販されている天然酵素が少ない栽培方法では上手く発酵出来ないケースがあります。

市販の砂糖は、余計なミネラルを精製過程で取り出してあり、酵素が自然に生える植物に比べて、酵素が少ない栽培植物でも砂糖の純粋な結晶は発酵を促進させる事ができるのです。

害があるどころか、植物の細胞膜に浸透しやすく、中の成分を壊さず取り出すことが出来ます。

 

酵素ドリンクは、ブドウ糖だから甘い

 

簡単に言えば、果糖を砂糖の力でブドウ糖に変えるために、必要な成分なのです。

人が砂糖を食べた場合は、いったん小腸でグルコースとフルクトースに分離されます。

この時、フルクトースだけが肝臓によって処理されるため、取り過ぎは肝臓に負担をかけてしまうわけです。

しかし、ブドウ糖はグルコース単体です。

これは、速やかに臓器に吸収され、天然の栄養素を、消化過程でそれほど必要とせずに吸収されるので、実は負担が少ないのです。

 

甘い酵素ドリンクは、太りにくい

 

このように、もはやブドウ糖に変異した酵素ドリンクは、体内で即吸収されるため、長い間臓器にとどまって処理されることはなく、代謝エネルギーとして消費されます。つまり適度な運動や疲れた体にとって、体力回復やエネルギー補給に役立つ飲み物なんです。

 

とは言え、飲み過ぎには注意!!

 

悪いのは、運動などのエネルギー代謝も少ない中で、多く酵素ドリンクを飲んでしまうことです。

過ぎたれば及ばざるが如しで、糖尿病を予防する低インスリンダイエット中なら、酵素ドリンクは明らかに摂取に要注意です。

何故なら、その基準が体内のブドウ糖を基にしているからです。

 

酵素ドリンクは、保存が効く発酵食品です。くれぐれも適度に利用して、健康維持に役立ててください。

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲