中秋の名月とかぐや姫の真実!知って面白い意外なこと


< Sponsor Link>

 

一般的に中秋の名月の名月とは「満月」を指し、月といえば映画にもなったかぐや姫ですよね。

ところが調べるとこの2つは関連があるかどうか?となると、意外な真実が隠れています。

アニメや童話として親しまれているのに、調べれば調べるほど謎が深い話です。

秋に向かって夜が長くなる季節には、こうした話も、”夜噺”として面白いかもしれませんよ。

十五夜とも合わせて、様々な月の楽しみ方を知って、夜の楽しみを是非どうぞ。

月夜

 

旧暦を知って、月を眺めよう

 

よく言われる「仲秋の名月」の名月とは、眺めの良い月の意味ではないのをご存知ですか?仲秋とは、旧暦の8月全体を指し、そのひと月をさして名月となるそうです。従って、月が雲に隠れて見えない様を「無月」、雨の晩を「雨月」とも呼びます。

 

昔は、秋を3つの区分で分けて、旧暦7月を初秋、旧暦8月を仲秋、旧暦9月を晩秋と呼びます。全てが旧暦であることから、この目安は月の満ち欠けを数えた、中国由来の陰暦が元になっています。

 

それに対して、仲秋ではなく、「中秋」と呼ぶと、これは秋の真ん中を指すということで、旧暦では8月の真ん中、旧暦8月15日を、秋の真ん中として、夜の月を「中秋の名月」、つまり秋の真ん中と名付ける月という意味で、こう呼ばれています。もちろんこれは、必ず満月の晩になるということではありません。ちなみに日本の苗字で「八月十五日」と書く方がいらっしゃるそうです。この場合の読み方は「なかあき:中秋」となるそうです。なかなか洒落た苗字ですよね。

Close up a blue toned calendar page

Close up a blue toned calendar page

旧暦では、3ヶ月毎に季節が移り変わります。1月~3月は春、4月~6月は夏、7月~9月は秋、10月~12月が冬です。日本では、明治5年までこの陰暦を使用していました。月は約29.5日で、満ち欠けのサイクルを繰り返します。従って、そもそも、現在の太陽暦の1年と、長さが異なるのです。農業の発達に合わせ、やがて日本でも太陽暦を使うようになったのは、こうして実際の季節に合わせたサイクルに合わせた結果です。

 

それに陰暦は中国から渡来したものですから、季節は月によって強制的に切り替わるようになっています。四季それぞれで該当する3ヶ月を、初、中、晩、あるいは孟、仲、季と呼び、細分化して区別していたわけです。これは、人間の兄妹の順序に由来するそうです。

 

十五夜は満月が多いのは?

 

これは、やはり太陰暦の一種である、月の満ち欠けを利用して暦を作るため、そうなりやすいということです。必ず満月とは限りませんが、それに近い様に見えます。秋空に近くなる旧暦8月中旬が、空も澄んで見えるために、やがて中秋の名月と呼ばれるようになりました。

 

それに厳密には、秋の中盤に差し掛かった収穫祭の一種が、中秋の名月ですから、必ず満月である必要はありません。重要なのは、旧暦の8月の中秋である15日になったことが大切だったわけです。

 

かぐや姫は、伝承であり今でも謎だらけ

 

かぐや姫 

満月といえば、しばし古代のロマンに語られるかぐや姫の伝説は、アニメ映画になったりしますが、日本最古の物語と言われる割に、元は漢文で書かれた作者不詳の物語です。しかも原本は未だ見つかっていません。写本だけが室町時代に残され、その後も関連のある物語がいくつも生まれたので、様々な人が物語を創作し、ストーリーを変えて伝わったものとされています。しかも、陰暦という昔の月との関わりで、やがて天に還るといった内容も盛り込まれ、相当に後から脚色されています。竹は中が空洞で、成長が早く、また花が咲くと一斉に枯れる事もあって、昔は神聖視されていました。

 

また、かぐや姫のモデルも古事記に記載された天皇の妃であるといった説もあり、また物語に登場する5人の貴公子は、実在の人物が登場します。しかし、時代背景がそれぞれで全く異なり、研究をすればするほど、伝承として様々に物語を付け加えた印象が強いです。此処から先は、もう学者の領域でですからここで書いても、無理な話ですね。

 

裏を返せば、それだけ人々が伝承した中で、想像力豊かに描き出した創作ですから、ロマンがあるといえば、そう思う方が良いかもしれません。つまり、何も本当の物語などはこの世に存在しないために、わかるはずもないのです。

 

かぐや姫は、庶民の夢を投影したものかも?

 

日本全国には、「羽衣伝説」が残っています。多くは天女が空から渡来し、その美しさに囚われた村人が、衣服を隠して村人と結婚し、その家庭が裕福となる話です。面白いのは、関わった人物が必ず裕福になるのと、天から幸福が降りてくるというところです。

 

羽衣伝説は、静岡県、滋賀県、千葉県、鳥取県、大阪府、沖縄にも存在し、その中の4つが必ず最後は昇天します。

 

かぐや姫も、このストーリーにそっくりですよね。月という未知のところから、都合よく地上へ降りた天女が貧しい者を豊かにし、天に帰るというのは、昔からよくある話です。棚ボタ式に、宝物を手にする「花咲じいさん」も似たような話です。要するに、庶民の夢であったわけです。

 

収穫を祝う十五夜、そして庶民の叶わぬ夢の融合、それが月に込められていたわけですね。それほど、昔は生き抜くのが大変だったということかもしれません。

 

ちなみに、かぐや姫を漢字で書くと赫映姫で、様々な名の由来もあります。どれも、光に関係し、かぐや姫が最初に登場するのは、平安時代ともいわれるので、関西発祥です。

 

謎は謎として残しておいたほうが、秋の夜長の楽しみではないでしょうか?

 

< Sponsor Link>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

 ▲